プロバイダ選び方

インターネットをする際に、プロバイダをどうするか考えるようになりますが、その前に、まず、回線をどうするかを考えないといけません。プロバイダによっては、特定の回線にしか対応していないことがあるからです。どのような回線があるのかというと、電話回線やISDN回線、ADSL回線、ケーブルテレビ回線、光回線があります。

インターネットを利用する際のプロバイダは、ISPという名称になりますので、覚えておくと良いでしょう。この価格と通信速度は、どこのISPでもだいたい比例していて、最大通信速度が速いプランにすると、価格も高くなることが多くなっています。最大通信速度が速いにこしたことはありませんが、必要以上に速くても、毎月の出費が大きくなりますので、バランス良く検討すると良いでしょう。

次に検討する内容としては、付加サービスになります。付与されるメールアドレスの数は、ISPによって違いますので、複数のメールアドレスが必要かどうか、メールアドレス自体いらないかなども、ISPを選ぶ材料になります。また、ISPから付与されたメールアドレスは、ISPを解約すると使えなくなりますので、注意が必要です。