住宅ローン金利動向について

マイホームを購入することは働いている人にとって目標の1つですが、大半の人が住宅購入時に住宅ローンを組むことになります。
住宅ローンには変動型と固定型・固定選択型の3種類があります。
変動型や固定選択型は金利は低いのですが、上昇するリスクがあります。
借り入れ額を少額で抑えたり借り入れ期間が短いと上昇があっても支払利息のリスクを抑えることが出来ます。
固定型であれば完済まで金利が変わらないので毎月の家計管理がしやすく、老後の生活資金を立てやすくなります。
但し変動型が低い状態が続くと固定型の方が支払利息が多くて損をするということになるので、途中で変動型への切り替えを検討する必要はあります。
また最近ではリスクを軽減するために複数の金利タイプを組み合わせることが可能になってきています。

共働きや収入に対して借入額が少ないという人には変動型がお勧めです。
上昇が大きくなりそうであれば繰り上げ返済で元金を減らしましょう。