住宅ローンと年収の計算方法は?

住宅ローンの適正額を年収から計算するときには、5〜6倍、あるいは25%以内で計算することが多いですね。
住宅購入を考える人が多い35歳前後のサラリーマンの平均収入は450万円程度ですから、2,500万円くらいの物件なら狙えると言うことになります。
ただ、税込み価格は消費税8%でも、2,700万円になりますし、手数料などの諸経費が50万円ほどかかってきますから、自己資金0の場合には2,750万円が必要になります。
金利2.
0%の固定金利なら、月々9万円の支払いで35年ローンを組んだ場合に相当します。
子供が小さい場合、これから教育費がかかってくると言うことや、光熱費が戸建ての方が高くなること、10年ほどでメンテナンスが必要になることや、固定資産税がかかってくることを考えると、この額を超える物件を希望するのは難しいですね。
住宅ローンの金利は消費税増税で影響ある?