女性らしく柔らかな感受性を高めるブルームーンストーン

ブルームーンストーンはムーンストーンと非常によく似ていますが、学名を「ペリステライト」と言います。
これはギリシア語で「鳩」を意味する言葉が由来となっています。
その理由は、その輝きが鳩の首周りが光の反射で様々な色に見えるのに似ているからです。
日本では「月長石」と呼ばれ、色は透明・白色・乳白色があります。
科学的には長石の一種で、曹長石(アルバイト)に含まれます。
ムーンストーンやラブラドライトと同様に、二層のラメラ構造(液体と固体の中間にある物質を示す液晶状態)が生み出す光の現象であるイリデッセンスが特徴です。
中でもほぼ透明な中にブルーのシラー(石の内部の層が光を乱反射する)が美しく浮かぶものを「ロイヤルブルームーンストーン」と呼び、大変希少なものです。
この石はパワーストーンとしても強い力を持っています。
「永遠の若さ」と「永遠の愛」を象徴する石として有名です。
月のエネルギーを取り込んで、持ち主の生理的な周期や情緒のバランスを整える働きがあります。
また、女性らしく、柔らかな感受性を高める効果もあります。
ブルームーンストーン意味とは?偽物にも注意!効果と違い【誕生石】