医療脱毛の種類は?

医療脱毛ではレーザー脱毛を連想する人が多いようですか、レーザーによる脱毛にも様々な方法があります。
ダイオードレーザーとアレクサンドライトレーザーというそれぞれ異なるレーザーが、医療施設で脱毛施術時に用いられるレーザー光です。
レーザー光は色に反応する性質があるので、アメリカでは医療脱毛のため異なるレーザーも用いています。
医療機関にはエステほどの制約ははないため、確実に脱毛できるようにレーザー光の照射を高められます。
半導体を使ったダイオードレーザーでは、レーザー光の波長を長めに設定することができるので、レーザー光を皮膚の中まで浸透可能です。
従来のレーザー脱毛では脱毛がうまくいかなかった場所に対しても、脱毛施術が可能です。
ダイオードレーザーは皮膚表面には反応しないので、日焼けした肌や色黒の人でも脱毛できます。
針脱毛や光脱毛も、医療施設での脱毛施術で使われることがあります。
針脱毛は針を用いて毛根に通電し、新しい毛が生えないようにする脱毛方法です。
それほど痛みを感じずに脱毛できます。
医療脱毛と一口に言っても様々な方法があります。
脱毛方法について調べたり、カウンセリングを受けるなどして自分に合う方法を探しましょう。