福袋は豪華で縁起が良いことが魅力?

福袋というと、売れ残りの商品をさばくためのものというイメージがありますが、昨今のものはかなりグレードが上がってきています。
確かに売れ残りの商品が混ざっていることもありますが、目玉となる商品も必ず入っています。
特に衣服や化粧品にその傾向が強く、有名ブランドの高価な品が入っていることも少なくありません。
一袋にだいた5~10点ほどの商品が入っているのですが、それぞれの商品の売値を合計すると、福袋の値段よりも確実に高くなります。
中には値段の数倍もの商品が入っているものもあります。
購入する人は、開けてみるまでは何が入っているかわからないため、ドキドキしながら開封することになります。
そのギャンブル性が福袋の醍醐味のひとつです。
また、基本的に新春に売り出されるものですから、新年早々の運試しのつもりで購入する人も多いです。
さらに先述の通り中身は非常に豪華なので、おせち料理と同じで、その豪華さにめでたさや縁起の良さを感じることもできるのです。