ソニー銀行住宅ローン借り換え費用は?

マイホームを購入する際に組んだ住宅ローンよりも、現在の金利の方が低いので借り換えしたいという方は、事前に借換えに係る費用を計算しておきましょう。そうでなければ、せっかく金利の低いソニー銀行住宅ローンに移ったとしても、かえって費用がかさみ損をしてしまうケースが起こりうるからです。借換えは、新たにソニー銀行でローンを借り入れして、それまでのローンを完済することになりますので、以前ローンを組んだ時と同様の諸費用がかかります。借換えする銀行によって金額は異なってきますが基本となるものをご紹介します。まずは、「契約書貼り付け印紙税」として、1000万円から5000万円の借り入れですと2万円、5000万円から1億円の借り入れですと6万円かかります。次に多くの場合、「事務手数料」として数万円かかります。次に、「保証料」がかかることが多いです。更に、「抵当権設定費」として登録免許税が借入額の0.1%に加え、司法書士報酬が必要となります。しっかり考えて借換えしましょう。